トップページへ
   わかるQ&A リンク集 


トップ(ホーム)製作目次  > 学校  お祭   >  獅子舞の作り方

 『獅子舞い』の作り方と踊り方   龍の地方車はこちらから   まといの芯材はこちらから  大鳥居   お神輿
薬屋さんがつくったドラゴン準優勝の栄光に輝きました      龍の地方車の製作風景はこちら

  

 教頭先生頑張る!
            製作実例「獅子舞」
    
Japanese lion dance that the vice principal was made
    
    発泡スチロールのブロックで
       獅子舞いを作りました
        

              頑張る先生と生徒様
                                                                  獅子舞のトップへ戻る
         

        

                                                                 
                                                                  獅子舞のトップへ戻る
        

                        


  教頭先生からのお手紙の紹介 (抜粋 )



  生徒様からのお手紙
                                                                 
                                                                  獅子舞のトップへ戻る
  

                                                                  
                                                                  獅子舞のトップへ戻る

       

                                                                 
                                                                             獅子舞のトップへ戻る
       



     発泡スチロールブロックから「獅子舞い」の製作方法  教頭先生方式まとめ

     1) 1/8ブロッくん を用意する

     2)ブロックを前にして 獅子舞いを 頭の中に強くイメージつけする
    
        ※この時点でおおよそ全体の完成イメージ、 頭の輪郭や あごのつき具合 目や眉の位置、怖い表情かおどけた           表情か、飾りの位置、人の入る大きさなど、出来れば、イメージしたことを 忘れないように 半紙などに出来るだ          け詳しく 絵などを添えて製作図を描き残しておくのがコツ。ブロックのサイズに合わせて、輪郭のサイズなども計          画的に製作できるように決めておくこと
        ※地域の獅子舞いや獅子舞いのモデルなどを 近くに取り寄せることが出来ればなお良い


     3)水性マジックで罫書きして、最初に 顎の部分と頭の部分とを切り分ける

         ※全体の製作では今回 柳葉包丁(刺身包丁)を使って切り出して行きました
          大変切れやすいので重宝しますが、軍手などを2重にして怪我の無いように、
          くれぐれも取り扱いには注意してください。

     4)実際にかぶって舞いを行なえるよう、内部を少しずつ、何度も罫書きを追加しながら、慎重に削り出して行きます


     5)生徒の頭がすっぽり入る程度に空洞を掘った段階で、裏面がシールになった発泡ウレタンマットを内部に貼ります

     6)同様に顎の部分も削りだし、顎と頭部の接合部分には、15mmφの通しの穴を開け、丸棒を入れて固定し、顎を可動       式にする

     7)塗装には、木工用ボンドを全体に2度3度厚塗りし、完全乾燥したあと、アクリル絵の具で塗装しました

        ※最初、発泡スチロールにも使用出来ると説明書に記載があった「スプレー式下地材(サーフェーサー)を使いました         が、細い切り込み部分等にまでスプレーが回らず、どうしても溶けてしまいましたので、木工用ボンドの厚塗りに切         り替えましたらうまく出来ました

     8)最後に、布地を取り付けます 糸で縫う場合は、小さなアクリルのパイプを差込み、そのパイプ穴に糸を通します

     9)ゴムバンドをつけて完成です

         製作時間   2頭で   のべ 35時間程度  

                                                                 
                                                                  獅子舞のトップへ戻る

       踊りの練習

        6年生児童が地域の獅子舞保存会の皆様のご協力、ご指導を受け頑張って練習出来ました



        


                                                          
                                                                  獅子舞のトップへ戻る


トップページへおもしろ実験室会社概要お問い合わせ 製作目次わかるQ&A個人情報保護について特定商取引法表示 

 
トップページへ

フジカット有限会社
Copyright 2002 Fujicut Co.,LTD.
All rights reserved..