トップページへ
     | 


トップページ > 製作目次  >   学校 > 爪楊枝アート用板

 製作実例「爪楊枝アート」   爪楊枝アート用スチロールボードの詳しいサイズはショップのページへどうぞ
Toothpick art made from toothpick and styrene foam board





がんばる中学のみんな!東京オリンピックで会いましょう




  

お便り
「お世話になっております。中学校の〇〇です。先日は、質問への丁寧な返答ありがとうございました。大変助かりました。返信が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

10月29日に文化祭があり、そこでつまようじモザイクアートの初展示を行いました。写真を添付いたします。写真の題材は「2016リオオリンピック閉会式における

 日本のプレゼン プロジェクションマッピングの様子です。」」

フジカット編集部

お世話になります

素晴らしい完成写真をお送り頂けまして有り難うございます見る側にも作る側の若い方々にもきっと強い期待感のある4年後の東京オリンピックなのでしょうか、 

全体に統一感があって大変良い作品になっております きっと裏方の荒川様の相当なご努力の成せる技と感心しました さらに 素材の白を 

これだけ有効に使われているのは きっと 日ごろ 身近に 雪に接しておられる生徒様方だからこそ の成せるアイデアに違いございません  「リオから東京へ」

と繋がるのですね  お写真を拝見しながら 4年後の開会式では 製作された生徒様も その製作時を先生の顔と一緒に 懐かしく思い出されるのだろうと思いました

 良い作品を有り難うございます


がんばる市井の3500名のみなさんと 半年かかりの大作です
国宝信貴山縁起絵巻『尼公の巻』東大寺異時同図

お便り
「昨年購入させて頂き、今年の春に完成しました。、、、教室で作り始め、大型連休に信貴山朝護孫子寺飛倉館での絵の作品展会場にてワークショップの形で持って行きましたところ、約3,500名方にご来場いただき、沢山の方が参加して下さりました。御線香を立てるように、一本だけ立てて手を合わされる方や、灯篭部分を一人で完成されて満足しておられたおじいさん、集中し、親御さんを待たせて刺していた子ども達のおかげでほとんど埋まりました。5月10日に完成し、奈良県文化会館で展示後、10月町の文化祭で地元の方にお披露目しました。サイズは300x400mmで24枚使用し(お得パック200x300mm5パック分相当)の、横240cm・縦120cmです。持ち運べるよう8枚ずつ3つに分けており、展示するとピタッとくっつかないのが難点ですが、最終的に落ち着く場所が決まりましたら、木枠を作ってはめようと思います。」



  

フジカット
『フジカットですお世話になります貴重なお写真をお送り頂けまして誠にありがとうございます大変素晴らしい完成品です 約半年という長期間にわたり、かつ 3500名という無数の方々によって 少しずつ、本当に少しずつ、完成されたのですね 余りにも見事なと言う表現しか言葉がございません。一つの目的に向かってとても統制がとれていて、 大勢の製作に協力された方々の見えない「きずな」が、 爪楊枝アートによって 見える化 されたような そんな壮大な現代の縁起絵巻 のように感じました。 間違いなく 東大寺という題材が、昔 市井の人々の寄進によって大仏建立がなった故事に、重なって、皆さまの思いが深められたようなワークショップに違いございません 良い作品を有り難うございます」



がんばる2年1組、2年3組のみんな

  

 注目は『日大山形』か!南東北総体2017 出場

日大山形甲子園出場決定の瞬間 今度は爪楊枝アートで甲子園を目指すか!

この度はまた素晴らしい感動のお裾分けを頂けまして有り難うございます。強豪日大山形 を生み出す すそ野の広さを推して知るような気がします。心技体とは申しますが、芸術分野においても、あれだけの短時間でこれだけの大作を完成されるのは 素晴らしい集中力とチームワークの賜物に違いございません。「作品が出来上がり生徒も感動しておりました。やってよかったと感じております」とのコメントを頂けましたが、2年1組と3組の皆さんの協同合作作業は、きっとこれからの日々、長い長い人生ふと振り返った場面でその時を思い出すと、再び、あの感動と成功体験として皆さんの記憶に蘇るのでしょうか。 そして、ここまでクラスをまとめ上げた先生のご指導の汗の結晶は胸の内でも、このクラスの先生って誇りとともに、ずっと光り輝いて行くのでしょうか、夏の暑い甲子園の季節が再び訪れるごと  この度は素晴らしい作品を有り難うございました






  がんばる2年5組のみんな


ワンピース  校内最優秀賞受賞作品

これは凄い迫力です。ワンピースの一番泣かせる1コマですね。 黒に統一して楊枝の間隔で濃淡をつけて、微妙な立体感が出ております。
作品の完成度は、校内に限らず、広く芸術作品展のような、知名度のあるところへ出されたとしても、充分遜色ない高位入選は可能と考えます。有難うございます
「仲間がいるよ」とありますが、担任の先生のアドバイスの下で、将に、2年5組のクラス全員が一丸となって製作作業に当たられた成果が出ているものと思います。
共同作業を通して、貴重な成功体験を皆さんが共有されたことは、今後の社会生活でも大切な思い出としてきっと生かされることでしょう。「仲間がいてよかった」の一語に尽きます。

爪楊枝アート用発泡スチロール板 (高密度ポリスチレン少し硬め40倍グレード、アート用 )

使用サイズ 1)271x388x20mm  35枚   2)123x388x20mm  5枚  3)271x233x20mm  10枚  4)123x233x20mm   2枚

使用爪楊枝  17万1120本    ※4本/cm2


がんばる2年2組と有志80名のなかま達

スポットライト の紹介サイトから抜粋しました

「なんと、縦2.7メートル、横1.8メートルという、爪楊枝アートの中でもかなりの大きさの作品なのですが、その緻密さは圧巻。

地元の東京都立日野高校の有志およそ80人が、白黒写真を元に、白・黒・濃淡グレーなどに色付けした爪楊枝を、

およそ19万本使って完成させた逸品で、実際に見ると、立体感が美しく重厚感のあるものだそうです。」 (スポットライト)



 都立日野高等学校2年2組と有志80名による爪楊枝アート作品「土方歳三」像の
紹介記事を見つけました

 2,7mx1,8m これは巨大なアートです「日野市立新撰組のふるさと歴史館」にて

    ヤフーニュースにも取り上げられました 
爪楊枝アート(モザイクアート)用ボード(高密度ポリスチレン 少し硬めの40倍グレード )
300x200x20mm  無地  120枚使用
爪楊枝 19万本 

有り難うございます これだけの多人数がたった一つの作品つくりに集中するのは、大変なことだったと思います。しかし、それをやり遂げられた成果がはっきりと出た素晴らしい作品です
指導された先生も大変だったと思いますが、製作にあたった生徒さん、有志のかたには 日野市郷里の誇り「土方歳三」像を完成させた思い出はずっと 良き思い出として残るのでしょうか





がんばる1年6組のみんな
わが町のシンボル『花火に映える彦根城』
 拡大写真

 全体写真

お便り

『こんにちは。近江高校の○○です。
先日は忙しい中いろいろとお力添え頂き本当にありがとうございます。おかげ様で、何とか爪楊枝点描画が完成しました。爪楊枝を刺す作業に入ってからの生徒の集中力は予想外で、6万本を午前中3日間でやり遂げました。今思えば、もっと大きいものへチャレンジすればよかったかとも思います。暗い中でブラックライトを当て、照らし出された様はとても感動しました。
末筆になりますが、藤本様におかれましても、季節の変わり目おからだご自愛下さい。』

フジカットです

先日はご注文有難うご座いました また 貴重な完成品の画像をお送りいただきまして有難う御座います拝見させて頂き 確かに左右のバランス 城を中心にして 

将に花開くような動きのある花火の構図、背景の黒から浮き出るような
花火の配色等 にいたしましても これだけの高度な仕上がりと臨場感のある芸術性のある

作品を しかも、それほどの短時間で仕上げるには
生徒様のご努力以上にきっと 屋根の下の力持ちたる ご担当のなみなみならぬご努力そして 魅力があったれば

こその完成があったことと内心 ご想像いたします これほどの作品でしたら 校外に出しても全く引けを取らないし、周囲に評判が沸き立つこと
と思います  

決してほって置かない地元のマスコミ取材等がこれからありそうな予感がただよいます

良い作品を有難う御座います         フジカット


がんばる1年H組のみんな
我が郷土の偉人『伊能忠敬翁 』


製作風景が地元情報誌『千葉日報』でも取り上げられました
千葉日報のウエブ版『ちばの耳より情報満載 千葉日報ウエブ』2015年6月25日号から抜粋転載しました



つまようじで「忠敬」 佐原高1年H組、文化祭へ出展 8万3千本でアート画 27日一般公開

 県立佐原高校(香取市佐原イ、安藤清校長)1年H組の生徒42人が、26日から行われる同校の文化祭「星輝祭」(一般公開は27日)の出展作品として、つまようじ計8万2560本を使った江戸時代の測量家、伊能忠敬(1745〜1818年)のモザイクアート(縦2・4メートル×横1・6メートル)の制作に取り組んでいる。作品は文化祭後、伊能忠敬記念館(同市佐原イ)で11月まで展示する予定。 伊能忠敬が長年暮らしたゆかりの地として知られる香取市。中でも佐原地区には小野川沿いに記念館や国史跡の旧宅があるなど、川沿いが、最寄り駅からの通学路でもある佐原高の生徒にとって、忠敬はなじみ深い歴史上の人物の一人だ。

 担任の菱木京子教諭(51)によると、今回の文化祭でのクラスの出し物をめぐっては「地元にちなんだ作品にしよう」とのコンセプトの下、すぐに忠敬をデザインとしたつまようじアートに決まったという。

 今月はじめ、用意した約14万本のつまようじを水性塗料で白、赤、緑、黒、青、黄色の6色に染色。その後は、「一人1ピース」をノルマに、約7ミリ四方の升目を印字したA4サイズ(20センチ×30センチ)の発泡スチロールに、1290本ずつ差し込む作業を放課後や週末の空き時間を見つけて、こつこつと積み上げた。

 23日には、途中ながらも木枠に、全64ピースのA4サイズの発砲スチロールを組み込み、つまようじアートの忠敬の姿が浮かび上がった。M君(15)は「思った以上の出来。つまようじを染める作業が大変だった。チュウケイ(忠敬)さんは佐原にとって偉大な人」。

 Sさん(15)も「初めての文化祭でこんなにクオリティーの高い物ができるとは思わなかった。一人一人が、すごい量のつまようじを刺していった結果。制作過程の写真と合わせて、クラスみんなの表情も見てほしい」と話した。

 千葉日報2015年6月25日掲載号から

TBSテレビ あさチャン で 2015年7月1日放送済みになります
番組内容 は 
伊能忠敬大河ドラマ化推進協議会のHPで動画がUPされています(伊能忠敬大河ドラマ化推進協議会キャラクター ちゅうけいSUN)
 

今朝のTBS あさチャンに放映されました。佐原高校の文化祭で発表された伊能忠敬です! (伊能忠敬大河ドラマ化推進協議会HPから)  』ここまで


   ※ とても詳細に説明されていますので 参考になると思います
   ※動画は 動画投稿サイト に移動したようです

お便りから抜粋

【 フジカット有限会社 藤本様

つまようじアート用ボードありがとうございました。

6月26日27日の文化祭に 地元の偉人 伊能忠敬を制作展示し、皆さんに喜んでいただきました。約83000本の楊枝と、64枚のボードを使用し、縦240横160の作品となりました。

残りのボードは残った楊枝もあったので体験コーナーなどを設けて使用しました。香取市は東日本大震災で液状化や建物の倒壊などの被害を受けました。小江戸と言われる忠敬旧宅のある地区も川が隆起し一

時は悲惨なありさまでしたが、全国の皆さんのご支援で随分と復興しました。そんな街ですので、高校生が郷土の偉人を制作したことが、地域の方々にはうれしかったようです。大きさも、完成度も、先に挑戦なさった数

多の学校さんに比べると恥ずかしいものですが・・・制作風景が地元の情報誌、地方新聞千葉日報に取り上げられ、その記事がきっかけで、公開当日はTBSのあさチャンの取材を受け、7月1日に放送されました。新聞

記事とあさチャンの動画はネットにもアップされ、
反響に驚いています。、、、、お世話になりました。若い教員の中には興味を持った者もいるので、いつかまたお世話になるかもしれません。その節は宜しくお願いいたし

ます。 ありがとうございました。 】

フジカットです

お世話になります

また 画像をお送り頂けまして有難う御座います 大変素晴らしい作品の仕上がりぐらいに 他の報道関係者様や地域の方と同じ目線で 正直 ただただ、本当にこれだけのものを

ご指導の先生のなみなみならぬご指導があったとは言え 生徒様だけでお作りされたことに 驚くばかりにございます 生徒様には今回の作品を通してクラスのまとまりや 

或いは 共同作業 そして 成功体験は 今後の各自の人生において、伊能忠敬様の歩んだ軌跡と同様 貴重なものとして輝き続けるものと思います
  きっとNHKの大河ドラマの件が

 この先もっと具体化される頃には 今回の爪楊枝アート作品が再度 取り上げられるに違いないとも思いました
  良い作品を有難う御座いました

                             フジカット 藤本



がんばる高校のみんな

今年のテーマは『結束』
  熊本県   高校文化祭優勝作品
今年は、春頃から夏を過ぎる頃まで、「アナ雪」の嵐となりましたね「むべ アナ風を嵐というらむ」勢いでした。なので題材選択は今年の自然の成り行きかと推測されます。しかし、今回の作品も力作です。
1m60センチに爪楊枝7万本を驚異的に密集させた作品です これだけの製作作業を僅か半月あまりと言う短期間で成し遂げるには一糸乱れぬチームワークとクラス全員の「結束」が必要だったのは想像に難くありません。
貴重な体験と優勝の成果は、今後、将来に渡って、思いを一にした クラス皆さんの「結束」を約束してくれることでしょうか。実に良い作品です

 アナの左手部分の拡大





がんばる高校のみんな

爪楊枝アートでつくる『地球と銀河鉄道999 』
  


 県立高校 文化祭 1年生展示の部 最優秀賞受賞作品
たて1,25mxよこ1,5m xh20mm を 均等25分割 ※250x300x20mm 25枚使用 爪楊枝アート用素材

 貴重な写真をお送り頂きまして有難う御座います。最優秀賞の受賞おめでとう御座います。大変素晴らしい見応えのある作品です
正面右上から左下へ大きな銀河状に点灯したランプをベースに 宇宙に浮かんだ 爪楊枝アート作品の『地球』が中央上部に
浮かんだ配置も綺麗で、実に素晴らしい。その地球も、際立つように幻想的な雰囲気を遺憾なく発揮されています。
銀河鉄道の メーテルは 顔を入れて自分の写真が取れる構成でしょうか 単なる展示品に終えるのではなく 見学者の参加型展示
に発展しているところも 工夫が細部に渡って施されているように思います
、短期間で これだけの作品にまとめ上げた皆様
 1年2組の集中力と団結力があってこその作品と思います。この度の皆様の貴重な成功体験はきっと今後の学生生活にも生きて来る事でしょうか

実に良い作品です




今年のテーマは『ブラジル』でした
       山口県 

4年に一度開催するワールドカップ世界大会は 今年 ブラジルでありました 圧倒的な前評判を誇った常勝国ブラジル、しかし、そのブラジルも主力選手の途中欠場で 思わぬ結果を迎えました
一方の日本、 戦績は今ひとつの結果で終わりましたが、それでも 各選手、各チームは既に次回へ向けて、力強く歩み始めています。テレビマスコミ報道を通して知るスポーツの世界を契機に
世界の地理歴史へと学習興味は広がっていきます。 そして、あれほどの大怪我に見舞われたブラジルの選手も、先日、前向きに再出発を始めました。 わたし達は、彼らの生き方を通して、同時代を
生きる人達の、将に「なまの人生」の縮図を見ながら、何かを『こころ』に感じ、何かを留めていくのでしょうか。指導の先生の下、40 幾名の皆で 一つのアート作品の製作を通して その大きな世界と 40幾名の世界が
どこかで交差して 両世界のダイナミックな動きを身近に感じならがも、作品の製作そして完成まで至る過程において、ブラジル選手に負けないほど、大きく成長していくに違いありません。何とも、実にいい作品です

爪楊枝アート用ボード30倍使用
サイズ 1800x1800x20mm を40名均等割り → 225x360x20mm 40枚


がんばる高校のみんな

厳島神社 
 
5センチ10センチの近くからは、もうひとつ掴み所のない、瀬戸内海に季節はずれの濃い霧が立ち込めている幻想の中にいるようですが、それが、
パネルから次第に離れていくと、小さな楊枝の点と点が徐々につながり始め、赤い鳥居の柱や、神殿が現れ、そして神社の全体像が見えてきます
まるで、作業を始めるまでは、ばらばらだったみんなの気持ちが、爪楊枝アートを通して、ひとつにまとまって行った瞬間を見るようです。
エネルギッシュな若いみんなの雰囲気が、ひとつになった画面全体から見るわたしに何かを訴えているようにみえます。遠く未来の見えることは素晴らしい。実にいい作品です

楊枝アート用発泡スチロール板 40倍

サイズ A4( 284x198x15mm) 66枚



爪楊枝アート用スチロールボードの詳しいサイズはショップのページへどうぞ



       がんばる3年生のみんな 

          首里城壮観です
                               
                                                                                  このページトップへ戻る
                 爪楊枝アート作品『首里城」紹介記事 地元新聞でも紹介されました

  ※ こちらに同校HP参考箇所がございます

  

拡大写真はこちら  いずれも同校HPから
 なんと緻密な共同作業でしょうか!


 爪楊枝密度  2,3 本/cm2                                                                                 このページトップへ戻る



        がんばる 京都の高校の皆さん

      爪楊枝アート用発泡スチロールベース    

       硬め30倍グレード品 使用 
       1キャンパス に  サイズ 200×300×h20mm を 12列×12行 計 144枚他  貼り合わせ

マチュピチュ作品 『マチュピチュ』
                                                                                このページトップへ戻る
サバンナ 作品 『 サバンナ 』

ラスベガス 作品 『ラスベガス』

                                                                                 このページトップへ戻る
  フジカット様

お世話いただきました発泡スチロール板を 使わさせていただきました。お分けいただいたスタイロフォームも利用させていただき、立派にアートが出来上がり、生徒たちも大変満足しております。
展示品の写真添付させていただきます。ご覧ください。

またいつかお世話になる日もあるかもしれません。そのときはまたよろしくお願いいたします。

○○高等学校 先生


 先生様
この度は皆様の作品の幾つかの写真をお送り頂きまして誠に有難う御座います。ひと目みて これが全て 爪楊枝から出来上がっていると思うと、暫く、絶句してしまいました。何千本もの楊枝を皆さんが手分けして、それぞれに色付けしてから各位置に、1本2本と発泡スチロール板(硬め30倍グレード品 ※爪楊枝を刺し直しが出来るもの。 サイズ1枚あたり約 300×200×20mm)に 小まめに刺して風景を作り出して行かれるのですね。生徒様皆さんの根気とチームワークが欠かせない作業だったのでしょうね。 若い方々にしか出来ないチャンスだったのかも知れないと思います。きっと、こんな素晴らしい作品を「皆で制作して完成したんだ」って喜びの記憶は、やがて成功体験となって、後々にまで残るのでしょうね。有難う御座います


 
   

栃木県 高等学校様 製作

 これは壮観
爪楊枝アート用高密度ポリスチレン 40倍グレード
200x400x20mm  80枚
爪楊枝 36万3千本使用の大作 『シンデレラ城』
爪楊枝密度 5,6本/cm2

 栃木県 同高等学校様 クラス集合写真の爪楊枝アート から

創立105周年祭
  福岡県久留米   高校
爪楊枝アート用40倍グレード
310x310x20mm 70枚
310x170x20mm 10枚
爪楊枝  31万本使用
爪楊枝密度 4本/cm2






                                                    

爪楊枝アートの作り方

1)みんなで キャンパスに描く絵を決めてください 写真を拡大したものでもいいです

2)下絵を描いて 格子状に分割します  クラスの人数分などが目安です たてよこの割合は 2対3 

3)分割した絵の中に使われている色が全部で何色になるか 数えてください 
 数えたら クラスの人数分の それぞれの色 を読み上げて 全部で 何色必要か合計し 書き出してください


用意するもの
爪楊枝アート用発泡スチロール板  ※通常は 200mm x 300mm x 20mm  少し硬めの40倍グレード
爪楊枝       ※ 200mm x 300mm に約 1000本〜2000本程度の割合で必要になります
絵の具   学校で使う絵の具になります
新聞紙
要らなくなった雑巾 空き缶等 
エプロン

楊枝の彩色

根元から 20mmまでを残して 着色する場合から 楊枝の半分程度の場合があります  ※ 楊枝の使用する本数を少なくして 空間を空け 斜めからも 見られるようにする場合など

着色方法
まとめて着色する方法
絵の具を いらなくなった空き缶などに すこし濃い目に水と混ぜて入れます ※少量の木工用ボンド を混ぜると 絵の具の乗り が良いようです
要らない発泡スチロールの板などに 爪楊枝を密集して刺し、100本 200本とまとめて 絵の具の入った缶 に先端を浸して  その後 日陰の風通りのいい所で 陰干しします

 発泡スチロール屋さんに注文される場合に前もって 「着色用に端材もほしい」 と頼まれるといいです

 絵の具の入った空き缶に 爪楊枝を どさっと 全体を 漬け込むようにして ゴム手袋をして 空き缶から 着色した爪楊枝を取り出し 1本づつ 間隔をあけて並べて 乾燥 するのも
 結構 作業が早くなります

 絵の具の色は 最初に出した 彩色数を 先に用意したほうが良いようです

本番

着色した楊枝の用意が出来たら さあ これから 本番です
 
 下絵に従って 200 x 300mm 内に 必要な色の 爪楊枝を 小分けして  順番に 差していきます

 ※ 板上には 方眼紙のような 格子を 書いて 爪楊枝の刺す位置を決めておくと 仕上がりが綺麗になります


 別の方法として
 クラスの全員で分担して  200 x 300mmを一人一枚 着色 していく方法

  空き缶などに 絵の具だけ用意し、それぞれ 必要な色を 楊枝に 着色して  ※一人 1000〜2000本程度、 要らない板や 要らないダンボール板などに 仮止めして 絵の具を乾燥させ
  乾いてから 各自 それぞれ 発泡スチロール板に 下絵に沿って 刺していく

 または 、必要な 着色した爪楊枝を 必要な数だけ 集めてから 刺していく などになります

原色カラー写真から爪楊枝アートに必要な色を割り出す方法には 
                                    → 無料のフリーソフト で 減色ソフト があるそうですので ネットで探してお使いください


色加減の研究

例えば 黒の爪楊枝 8本に 白の爪楊枝 2本を混ぜて刺してみてください 原色の黒よりも幾分 微かに白が混じった黒が出来上がります

     色の三原色を知ろう
      光の三原色 (青 赤 緑 ) と違い  色の三原色は 青 赤 黄色 の 三色になります   携帯電話や PCの普及に伴い 配色の基本はデジタル化 全盛の時代になっています
      爪楊枝を これらの 三原色に塗り分けたものを 色の 使用本数を加減しながら使うことによって、色の三原色の学習をしながら  更に 奥深い 微妙なアート作品にも挑戦してみよう 









製品一覧オンラインショップおもしろ実験室会社概要お問い合わせ わかるQ&Aリンク集 トップページ 個人情報保護について特定商取引法表示 
トップページへ


フジカット有限会社
Copyright 2002 Fujicut Co.,LTD.
All rights reserved..