トップページへ
   わかるQ&A リンク集 

   トップページ製作実例集目次 >  学校 >力の伝達機構 歯車工作


 力の伝達、やさしく動く歯車を作って構造の確認をしよう
  





片面段ボールを凹凸溝に直角になるように 細めにカッターかハサミで切り 円盤の周囲に貼り付けます
こつ
1)片面段ボールの先端は波が平面で終わるところでカットして下さい
2)円周の長さ分を3等分程度、或いは3分割程度に切ってから貼ってください
       接続部分の長さの余りを三等分して目立たない様に貼ると綺麗に回ります





100φx10mm の円盤 と 40φx10mm の円盤になります

歯車の作り方
  1)不要になったダンボール箱の段ボールを用意する
  2)のり剥がし液を使って ∩∩∩∩∩∩∩∩の 上の厚紙を剥がす
  3)残った ∩∩∩∩∩∩∩∩の 部分を幅 10mmにクラフトカッターでカットする
  4)100φの円盤の円周の長さを計算する 100x3,14 =  314mm 
    40φの円盤の円周の長さは 40x3,14 =125,6mm となります
   10mm幅にカットしたダンボールをそれぞれの長さに切り 発泡スチロールの円盤に両面テープなどで貼ります
   
  ※製作例は「片面段ボール」 を使用しました 
  ※歯車がとても簡単に回転します 回転する力が次々と伝わっていきます
   ものつくり工場なら 以前 どこにでも見られた風景ですね 最近は あまり見かけなくなりましたが、力の伝達機器はものつくりの
   基礎であることは 今も昔も変らないでしょうか


※既製品の片面段ボール( 30cmx60センチ 1枚 180円 )あります



 巨大なカムつくり

  650φx150mm カム
  1回転毎に 戸井から水が落ちて軽くなるとまた戸井が上がる仕掛けをつくります

800φ ×150mm  100φ
 カム溝と軸芯


ピタゴラスイッチをつくる


発泡スチロールのみで作る「ビタゴラスイッチ」に挑戦
                      65mm溝 ×200m分でギネスも狙う 










製品一覧オンラインショップおもしろ実験室会社概要お問い合わせ わかるQ&Aリンク集 トップページ 個人情報保護について特定商取引法表示 

 
トップページへ

フジカット有限会社
Copyright 2002 Fujicut Co.,LTD.
All rights reserved..