トップページへ
     | 



トップページ > 製作実例  >    学校 > 多面体 正二十面体
        多面体元素ペンタドロンの試作    正十二面体のページへ



 発泡スチロール製「正二十面体」   


      がんばれ 多面体大好き様

      1辺aの正二十面体の製作  


      

@
これは、まず、出来上がりの正20面体の1辺をaとした場合、
半径が(√3/2) a で、高さは その半径(√3/2) aと aの
合計(√3/2) a +a  の円柱を加工して用意する。
A次に、この円柱を 高さを1/2a の円柱を2個と
 そしてこの残り(√3/2a)とに3分割する。これは後で再度貼りあわせる。




B
高さ1/2 aの円柱を底面にaの正五角形を作図し、上面、円の中央と下面の正五角形の辺aを結んでニクロム線で平面カットする。
これを合計5回繰り返す。同じく、もうひとつ用意した同じ高さの円柱にも同様のカットを行い、正5角錐を2体作る。











C
次に、残った円柱の上下両面にも1辺がaの正五角形を作図する。ただし、上下裏表の正五角形の頂点を互いに36度ずらせた位置に来るよう
に作図する。頂点とその裏側のaを
それぞれ結んでニクロム線カッ
トする。計10回カットする。これが
正20面体の中央部になる








Dこうして出来上がったもの3体を再度重ねて
貼りあわせると出来上がる。 
(写真は 1辺が200mmの場合の正二十面体です)





1辺100mm







二十面体の山





                                                              このページトップへ戻る


トップページ > 製作実例  >    学校 > 多面体 正十二面体
 

製品一覧オンラインショップおもしろ実験室会社概要お問い合わせ わかるQ&Aリンク集 トップページ 個人情報保護について特定商取引法表示 

 
トップページへ

フジカット有限会社
Copyright 2002 Fujicut Co.,LTD.
All rights reserved..