発泡スチロールのフジカットへようこそ
        わかるQ&Aリンク

   トップ(ホーム)おもしろ実験 > 21
発泡スチロールのおもしろ実験室
フジカット社員による、発泡スチロールを使ったおもしろ実験のページです。成功あり失敗ありの実験室。今後何が出てくるかお楽しみ!皆様もいいアイデアや実験結果がありましたら、メールをお寄せ下さい。
メールはこちらから・・・jikkenshitsu@fujicut.co.jp
こんにちわ おもしろ実験室の室長です

おもしろ実験室トップへ戻る



「アーチのちから(ちから)」、その2
 21 ,発泡スチロールのブロックの細長い板と、同じものでセブンブリッジのアーチにした場合の比較実験

 TBS放送 2012年6月10日午前7時放送の KOWA提供 『健康カプセル  ゲンキの時間 
   アーチ崩壊SOS! その身体の不調 原因は足裏かも!?』 より


いよいよはじまったね
げんきの時間だ







おお、司会者の紹介だな 








タレントの木本さんだぞー 凄いなあ こうなれば 本物かなあ 体重が気になるなあ








足裏の構造が健康にストレートに影響を与えているらしい 導入部分だなあ



                                                                    このページトップ






これは実験が行われた早稲田の理工学部前だな









有名な依田先生だ!橋のことなら何でも知っている世界的な権威だぞー
この先生が今回の実験の進行係りなんて贅沢な番組だなあ





おおー ここからが本番です



発泡スチロールの出番です



                                                                   



木本さんと先生が発泡スチロールのブロックを組み立てて



























アーチ状の橋が完成しました


                                                                     このページトップ                                                               












もうひとつの平たい棒状の橋も並べます




平たい橋  2000×285×225mm 
        密度0,011グラム/cm3
        重さ 1,41キログラム



アーチ橋  同密度 2000×285×225mm を
      そのまま  7つの台形状パーツにカットしたもの
   ※上辺285mm下辺151mm ×225mm t285mm台形を7個  アーチ全幅1250mm

   ※ご希望の方はお問い合わせ下さい

                                                                    おもしろ実験室トップ


木本「アーチ橋と平らな橋の違いはなにですか」






 依田先生「もちろん強度が違いますよ。一度実験してみましょう。木本さん平たい橋に乗って、渡ってもらえますか」








                                                                   このページトップ

よし、実験だ。「大丈夫かな、どこまで渡れるかなあ」

 「わー 壊れた。」
                                                                   
おおっと、凄い破壊音がしたなあ 体重85キロなんだなあ
木本さん「びっくりしました。渡ろうとしていきなり 一歩ですよ。一歩で折れましたね」



今度はアーチ橋をわたります


先ほどのショックがあります
恐る恐るの一歩目です









しかし、何とか乗ってみると意外に「強い」です












これは「強い!すごい安定感ですよ」









                                                                                                 このページトップ                 




お分かり頂きましたか
先生 「アーチ構造は重さを分散するんです」


























「アーチ橋の強度は平たい橋に比べて約4倍になるんですよ」


 ここで実験は終了しました
 番組はこの後も続きますが、弊社の関係はここまでになりますね




                                                              
そして番組の最後に弊社の社名が出てきました
『取材協力 フジカット』です。
この番組のスポンサーも一応紹介しておきます
                                                                                                   このページトップ              



      おもしろ実験室トップへ戻る


フジカット有限会社
Copyright 2002 Fujicut Co.,LTD.
All rights reserved..